かるた店、あれこれ

RSSで配信しています
RSS
最新の5件
カテゴリ
もくじ
ブログ村に参加しています!
<< 2Fにて「鈴木靖将―万葉日本画展」を開催します(5/10〜6/10) | お知らせトップ | 鈴木靖将さんの「万葉―日本画展」はじまりました >>
渋谷区ふれあい植物センターで、伊藤卓美さんの講演会がありました!
5/7(土)渋谷区ふれあい植物センターにて、
版画家・伊藤卓美さんの講演が開催されました!

当日は天候があまりよくありませんでしたが、
始まる頃には雨も止み、ご予約いただいていた方を始め30名以上の方々にご来場いただきました。



どんなことをお話しされるんだろう?と、わたしたちも楽しみでした。
奥野かるた店でかるたを手掛けるまでのいきさつや、大好きな宮澤賢治のこと、
額装された手摺りの作品を前にしてのお気に入りの草花についてのエピソード、
ちょっとした雑学的なお話などなど…
終始、ほがらかな雰囲気での楽しい講演でした。

今回、伊藤さんのお話を聞いていて、
草花をモチーフにした作品を制作されているということだけではなく、
その作品を彫る版木も、摺る紙も、(当たり前ですが)もとは全部「木」で、
そういう形でも、いつも自然と触れ合っていらっしゃるんだなあと改めて思いました。
こうして書いていると「紙が木からできている」なんて、本当に当たり前のことなんですが…。
普段コピー用紙を前に「これはもともと木から作られているんだ」などと
しみじみ思いながら使うことはあまり無くなってしまいましたので、
そういう切り口で、ごく自然にお話していただいたことがとても新鮮でした。
また版木についても、画材屋さんで版木をいくつか購入して彫ってみると、
均一の値段で売られてはいても、人と同じで、
素直なのとそうじゃないの(彫りやすいのと彫りにくいもの)がありますよ、とお話をしていました。
どちらも、まさに木版画家の伊藤さんならではのお話だと思います。

伊藤さんは植物センターへの道すがらに、卯の花や桜草を摘んでいらっしゃいました楽しい
実は明日もハイキングに…とお話しした後、心配そうに空を見てらしたのが印象的でした。

最後には、みなさんから伊藤さんへの木版画制作に関する質問などもあり、
講演後も、参加者のみなさんとしばらく植物園の中でご歓談されていました。
渋谷区ふれあい植物センター様には本当に良いご機会をいただいたと思います。



伊藤卓美さん、楽しいお話をどうもありがとうございました!おてんき
その他 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 渋谷区ふれあい植物センターで、伊藤卓美さんの講演会がありました!
スポンサーサイト
- | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - スポンサーサイト

▲このページの先頭へ