かるた店、あれこれ

RSSで配信しています
RSS
最新の5件
カテゴリ
もくじ
ブログ村に参加しています!
<< 「世界の将棋展」詳細のお知らせ | お知らせトップ | 「世界の将棋展」好評開催中です >>
歌留多の窓Vol.3 「 バードゲーム 〜野鳥の楽園・遊び方」の巻
さて、少し間があいてしまいましたが、前回にひきつづき、
「バードゲーム」最後のあそび方、「野鳥の楽園」についてのお話です。

*************************************

ここまで登場したのは、メインとなる「鳥カード」と、
ゲームをおもしろくする3種のカードのうちの、「ハヤブサカード」と「エサカード」でした。
最後にご紹介するのは、「環境破壊カード」です。

環境破壊カード
「環境破壊カード」には、次の3種類があります。

・水質汚濁
・開発
・農薬散布

「環境破壊カード」の下には、それぞれの環境破壊によって影響を受ける、
場所(鳥の生息地)が書いてあります。
生息地には次の4ヶ所があります。

・森林
・草原
・海・湖・沼
・人里

これらのどの生息地に、どの鳥がすんでいるのかは、
「鳥カード」の左下に書いてある、生息地を見ればわかるようになっています。

鳥カードの生息地

生息地が環境破壊の影響を受けると、鳥はすむ場所を追われてしまいます。
このことが、ゲームの中では、

「環境破壊カードが出たら、
その環境に生息する鳥カードを捨てなければならない」


というルールになっています

**********************************************

さて、いよいよ遊び方です。

「野鳥の楽園」

野鳥の楽園

自分のところにより多くの鳥を集めるゲームです。
オス、メス、子どもの家族を揃えると“保護区”に入れることができ、
さらに高得点がもらえます。保護区に入れれば、環境破壊の影響を受けません。
なるべくたくさんの鳥を集めて、保護区に入れ、野鳥の楽園を作りましょう!

とりゲームの準備

1.エサカードを場に並べる
エサカードを、ひとりに6枚(6種類を各1枚ずつ)配ります。
配られたエサカードを、自分の目の前に、横一列にならべましょう。
※並べる順番はみんなと同じにするとわかりやすいです。

2.手札を配る
鳥カードにハヤブサカードも入れた62枚をよく切って、
見えないようにふせながら、ひとりに4枚ずつ配ります。
この、手もとにある札を「手札」と言います。

3.山札を用意する
「2」で配った残りのカードに環境破壊カードを加えて、
さらによく切ります。これを、見えないようにふせたまま、
場の真ん中に積んでおきましょう。これを「山札」と言います。

4.順番を決める
じゃんけんで決めましょう。ゲームは勝った人から時計回りに行います。


とりゲームの遊び方

1.順番が来たら、まず「札をひいて、手札を5枚にする」
自分の順番になったら、山札から札を一枚ひいて、手札を5枚にしましょう
※ゲームが進んで、また順番がまわってきた時も、同じようにしてください。
ただし、手札が3枚になっていたら2枚ひく、手札が2枚になっていたら3枚ひく、というようにし、
手札を合計5枚にしてください。



2.持っている鳥カードを、自分のえさカードの上に出す
5枚の手札中から、1種類の鳥をえらび、その鳥が食べるえさカードの上に置きましょう。
手札の中に、同じ種類のオス、メス、子どもがあれば、いちどに2枚や3枚まとめて出すこともできます。

※2枚や3枚まとめて出す場合は、同じえさカードの上に出してください。
(何種類かのえさを食べる鳥もいますが、いちどに出せるのは1枚のえさカードの上だけになります)


3.えさカードに、同じ種類の鳥が2枚か3枚そろったら、保護区に移しましょう
ひとつのえさカードの上に、同じ種類の鳥カードが、2枚そろった場合(オスとメス、メスと子ども等)と、
3枚そろった場合(オスとメスと子ども)は、
それらのカードをまとめて、自分のエサカードの手前に移しましょう。
ここは野鳥の「保護区」です。「保護区」にはいった鳥は、他の人からとられたり、
環境破壊の影響を受けたりせず、安全に暮らすことができます。


※2枚よりも3枚まとめて「保護区」に入れた方が得点が高いので、
2枚そろっても、そのままえさカードに置いておき、3枚そろうのを待つこともできます。

※ただし、次に保護区に入れるチャンスは、3枚目を自分のえさカードに置いたとき
だけになります。3枚目が、自分のえさカードに来なかった場合は、
そろった2枚のカードも、保護区に行けなくなってしまいます。
2枚で安全に保護区か、3枚で高得点をねらうか?そこはかけひきです
嬉しい


4.「3.」で出せる鳥カードがない時は、鳥カードを1枚捨てる(山札の横に表にして出す)

手札の中に、出せるカード、出したいカードがない時は、
手札から鳥カードを1枚選んで、山札の横に捨てます(山札の横に表にして置いていきます)。
この山札の横に捨てた札を「捨て札」と呼びます。
前の人が捨てた札がある場合は、その上にかさねてゆきます。

※「捨て札」が出ている場合は、
「1.」で、山札からではなく、捨て札の一番上から1枚ひいて手札を5枚にすることもできます



5.「3.」をせずに、ハヤブサカードを出すこともできる
手札の中に「ハヤブサカード」がある時は、鳥カードを自分のえさカードに出す代わりに、
他の人のえさカードの上から、鳥カードを自分のえさカードにもらってくることができます。

※ただし、1つのえさカードに置けるのは1種類の鳥だけです。もらってくる先の自分のえさカードの上に、
鳥カードがないか、同じ種類の鳥カードがある場合にだけ、ハヤブサカードが使えます。


他の人のえさカードの上に、同じ種類の鳥が2枚置いてあれば、2枚まとめてもらうことが
できます!
ハヤブサカードで、鳥カードをもらってきた後、えさカードの上に2枚、または3枚がそろえば、
この時点で「保護区」に入れることができます。


※一度使ったハヤブサカードは、ゲーム中ではもう使うことができません。
別にしておきましょう。



6.手札の中の鳥カードを、他の人のえさカードの上に出す

「3.」の代わりに、他の人のえさカードの上に、自分の手札の鳥カードを出すこともできます!
ただし、これができるのは、自分の鳥カードの枚数の方が多い場合だけです。

※他の人のえさカードに、鳥カードがない場合は、自分の鳥カードを自由に置けますが、
他の人のエサカードに、鳥カードが1枚置いてある場合は、
自分の鳥カードを2枚まとめてだけ置くことができます。(1枚だけ置くことはできません)
他の人のえさカードに、鳥カードが2枚置いてある場合は、自分の1枚を置くことはできません。


条件はきびしいですが、他の人のえさカードの上であっても、
自分が出した鳥カードによって、2枚か3枚そろえば、自分の保護区に入れることができます。
高得点がねらえる逆転チャンスです!


7.環境破壊カードをひいてしまったら・・・

「3.」で、山札から環境破壊カードをひいてしまった場合は、すぐにみんなに見せます。
そして、自分のえさカードにのっている鳥カードのうち、影響を受ける環境に生息する
鳥カードをすべて捨てなければなりません!

この時捨てたカードは、ゲームには使えません。


8.「ポン」なら、捨てられた札をその場で保護区に!

誰かが、「4.」で鳥カードを捨てた時に、その捨てられた鳥カードと同じ種類の
鳥カードが手札に2枚あれば、「ポン!」と言って、
捨てられた鳥カードを取り、3枚まとめて自分の保護区に入れることができます。
※「ポン」はゲームの順番に関係なく、その場で行うことができます。


とりゲームの終わり

9.最後の山札がひかれ、その人の順番が終わったらゲーム終了です!

10.点数のつけかた

ゲームが終わったら、次のように点数計算をします。

保護区の鳥(3枚そろい) ・・・ 一組につき 15点
保護区の鳥(2枚そろい) ・・・ 一組につき  5点
えさカードの上の鳥カード ・・・ 一枚につき  2点
手札           ・・・ 残った手札は0点です。

一番点数の高かった人、つまり
たくさんの鳥を保護区に入れ野鳥の楽園(サンクチュアリ)を作ることができた人が勝ちです
とり王冠

*************************************

さて、大変おつかれさまでした!読んでいただいてありがとうございます。
「野鳥の楽園」の遊び方を細かく説明してきましたが、いかがでしたか・・・?

「バードゲーム」に入っている説明書には、「野鳥の楽園のゲームのポイント」、
「鳥カードの一覧」の他、もっとシンプルな遊び方も掲載されています。
そちらもあわせてお楽しみいただければ幸いです。

おつきあい頂き、誠にありがとうございました楽しい鳥










コラム「歌留多の窓」 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 歌留多の窓Vol.3 「 バードゲーム 〜野鳥の楽園・遊び方」の巻
スポンサーサイト
- | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - スポンサーサイト

▲このページの先頭へ