かるた店、あれこれ

RSSで配信しています
RSS
最新の5件
カテゴリ
もくじ
ブログ村に参加しています!
<< 奥野かるた店で寄席を楽しむ〜神保町かるた亭〜第一回 | お知らせトップ | 江戸いろはかるたと京いろはかるた【草剛主演ドラマ・スペシャリスト】 >>
東洋文庫にて《ゲームデザイン討論会》開催決定!2/7(日)
寒くなって、やっと冬らしい季節になってきました。ゆき

さて、去年奥野かるた店で開催した≪ゲームデザイン討論会≫が、
今年は駒込にあるアジア研究のシンクタンク「東洋文庫」に場所を移します。
ゲームデザイナーの鈴木銀一郎先生を特別ゲストに迎えて開催予定です。

東洋文庫
(駒込警察署の隣り「東洋文庫ミュージアム」が会場)

テーマは、「ゲームと歴史学との遭遇」です。
パネリスト一同と参加者の皆さんで、ゲーム教育・知育の観点から、ゲームと歴史研究の両方にとって意義あるゲームデザインのあり方を語りつくそうという討論会です。

完全予約制(参加費1,500円・定員は100名)です。ご興味がある方は、
遊戯史学会サイト
でお申し込みください。

◆概要
 ゲームデザイン討論会は、2013年から15回にわたって継続されているウェブ討論会です(なお第12回「史実とゲームデザイン」はこちら
 本討論会の趣旨は、学術団体である日本デジタルゲーム学会(以下DiGRA Japan)と遊戯史(ゆうぎし)学会が主体となり、ゲームデザインの歴史における普遍性・特殊性を問い続け、古今東西のゲーム文化に関する学際的議論を活発にすることにあります。
 今回の「公開ディスカッション」では、ウェブのみならずリアル空間へと議論の場を広げて、公募による聴衆の皆さまと一緒に議論の広がりと深化を目指したく考えています。

◆メンバー
A)パネリスト&コメンテーター
・三宅陽一郎(DiGRA Japan理事、AI研究者)
・草場純(遊戯史学会理事、「ゲームマーケット大賞」審査委員長)
・小野卓也(Table Games in the World主宰)
・渡辺範明(ゲームプロデューサー/ドロッセルマイヤーズ代表)
・池尻良平(シリアスゲーム研究者、東京大学情報学環特任助教)
・石塚正英(歴史知研究者、東京電機大学理工学部教授)
・岸本好弘(DiGRA Japan理事、東京工科大学メディア学部准教授)
・牧野元紀(ベトナム近代史研究者、公益財団法人東洋文庫主幹研究員)

B)スペシャルゲスト
・鈴木銀一郎(永世ゲームデザイナー)

C)コーディネーター
・蔵原大(遊戯史学会広報担当理事、東京電機大学非常勤講師)

◆日時
2015年02月07日(日曜)13:30〜17:30(受付1300時開始)

◆一般参加
A)一般参加は完全予約制。定員は100名(参加費1,500円)
B)参加の公募窓口は、遊戯史学会サイト。

◆論題
A)タイトル:「ゲームと歴史学との遭遇―遊びと学問とで幸せな繋がりを目指して!」。
B)趣旨:
 ゲーム教育はいまや医学や自然科学のみならず、高校や大学での歴史教育・研究に進出しつつあります。奥野かるた店でも歴史に結びついた各種ゲームを扱っていますので、ご存じの方もいらっしゃることでしょう。
 今回は歴史のリアリティー、ゲームとしての面白さ、そのバランスをとる新たなゲームデザイン哲学を追求することになります。
 皆さまもご参加して、この白熱討論会でぜひご意見を披露してください!

スタッフ2
(スタッフ一同写真。東洋文庫で撮影)

その他 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 東洋文庫にて《ゲームデザイン討論会》開催決定!2/7(日)
スポンサーサイト
- | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - スポンサーサイト

▲このページの先頭へ