かるた店、あれこれ

RSSで配信しています
RSS
最新の5件
カテゴリ
もくじ
ブログ村に参加しています!
第24回神保町かるた亭 無事に終了しました!
神保町で落語を楽しめる「神保町かるた亭」。
10月9日(火)に第24回目が無事終了しました〜。

次回は2019年1月ですがまだ日にちが決まっていません。
決まり次第、HPやtwitter、店頭でお知らせします。

今回は2ツ目になったばかりのフレッシュなゲスト柳亭信楽さんと、いつもおなじみの春風亭昇也さん出演。
読売新聞社記者の長井好弘さんが司会です。


柳亭信楽さん


春風亭昇也さん


長井好弘さん
落語に関するお話が面白い!と評判です。




【今回の演目】
長井好弘さん:ゴニンカントランプなど郷土の遊び
柳亭信楽さん:肥瓶
春風亭昇也さん:胴乱の幸助

今回で2018年の会はおしまいです。
次回は2019年1月上旬を予定しています。
どうぞお楽しみに。

2階・神保町小さなカルタ館 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 第24回神保町かるた亭 無事に終了しました!
第11回EDO ART EXPO 9月21日〜10月9日 【本日最終日!】
第11回江戸アートエキスポ、本日最終日! 今年は下記の3つの展示を開催しました。
・浮世絵作品の展示
・東京都の児童・生徒による“江戸”書道展
・奥野かるた店オリジナル商品、様々な姿の「いろはかるた」の展示

【江戸書道展】
「江戸」に関するテーマで、東京都の児童・生徒から公募した書道を展示。
奥野かるた店賞を含む、各企業賞の入選作品を展示しています。


【浮世絵スタンプラリー】
4つの対象会場にある版を押して、「ポッピンを吹く女」を完成させるとお菓子や書籍などの景品と交換できます!
今年の奥野かるた店のスタンプは「黄色」でした。

【いろはかるたの展示】
「犬もあるけば棒にあたる」から始まる関東で定番のいろはかるたや、
「一寸さき闇の夜」から始まる「上方いろはかるた」とも呼ばれる関西で定番の京いろはかるたなど展示しています。

京いろはかるたは江戸いろはかるたよりも歴史が古く、それだけに古いことわざも多く収録されています。
例えば、「下駄と焼きみそ」や「足もとから鳥が立つ」など、あまり聞き慣れないことわざや、 「仏の顔も三度」「寺から里へ」「これに懲りよ道才坊」といった仏教のさかんな京らしいもの、 また「地獄の沙汰も金次第」といった、ほんの少しブラックユーモアが光ることわざが多いのも特徴です。


また今年も「店舗フェア」を開催しており、
2000円以上のお買い上げのお客様に「漢字博士No.2ポケット版」をプレゼントしています!

みなさま、ぜひご参加ください。
2階・神保町小さなカルタ館 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 第11回EDO ART EXPO 9月21日〜10月9日 【本日最終日!】
かるたは芸術品
「かるた」といえば、「犬も歩けば棒に当たる」の「犬棒かるた」を思い描く方も多いと思います。

そんな方は、一度奥野かるた店に遊びに来てみてください!

いろんなかるたがございます。

「柳沢京子の切り絵一茶かるた」 これは小林一茶の俳句を集めたかるたで、長野県の切り絵作家さんが一茶の句を切り絵で素敵に表現しています。

「木版画なつかしの歌かるた」 こちらは、童謡や唱歌がつまったかるた。木版画家の伊藤卓美さんが味わい深い版画で歌を表現しています。



読札(文字札)の文学性、取札(絵札)の絵画性が合わさったのが「かるた」です。

他にもたくさんの面白いかるたがございます!
どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。
その他 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - かるたは芸術品
神保町ヴンダーカンマー今年も開催7/14〜8/19
本日からいよいよスタートしました「神保町ヴンダーカンマー2018」

今年のテーマは「オス」と「メス」。
今年は7月14日(土)から8月19日(日)まで行います。

いつもは博物ふぇすど同じ日にスタートしていますが、
今年は三連休もあるので、その前の週からスタートとなりました。






毎年楽しみにしてる方も多いイベントで、毎年盛り上がっています。

【出展者】(敬称略)

雨ノ宮一紀 (造形作家)
いわたまいこ(切り絵作家)
荻野慎楷 (古生物学者)
小田隆 (画家・イラストレーター)
科学バー(株キウイラボ)
きしわだ自然友の会(岸和田市立きしわだ自然資料館関連団体)
包み屋(ハンドメイドアクセサリー)
黒沼真由美(美術家)
スカレンジャー(アクセサリー作家)
せいあんさふぁり(成安造形大学・学生)
travelling museum博物倶楽部(実験・観察サークル)
のらくらあきら(ドラゴン屋)
はくラボ(認定NPO法人大阪自然史センター)
浜口とり(鳥類標本士)
久正人(漫画家)
枇々木聖(写真家・鉱物商)
弘岡知樹(イラストレーター)
もじゃ(作家)
Dubhe(博物図版取扱い)

【第四回神保町ヴンダーカンマー】

開催期間:7月14日(土)〜8月19日(日)
休廊日・2017年8月13日(月)、14日(火)、15日(水)
作家在廊日 :7月21日(土)、7月22日(日)ほか
他にも増えていく予定です。随時お知らせいたします。

開館時間 : 平日・土 12:00〜18:00
       日・祝  12:00〜17:00
神保町ヴンダーカンマー 公式サイト

主催=小田 隆/株式会社キウイラボ
会場協力=奥野かるた店

- | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 神保町ヴンダーカンマー今年も開催7/14〜8/19
今年も軽井沢小さなカルタ館が開館
いつも夏のみ営業している軽井沢小さなカルタ館
今年も営業いたします。



今年は変則的ではありますが、営業日が下記となります。

7月20日(金)〜22日(日)
7月27日(金)〜29日(日)
8月1日(水)〜31日(金)

旧軽井沢の一角に夏の一か月間だけ開かれるカルタギャラリーとお店。
100種類の様々なテーマのかるたを揃えています。
きっと、あなたの興味のあるものもあるかもしれません。

長野県在住の作家・柳沢京子さんの味わい深い切り絵と
小林一茶のリズミカルな俳句がコラボレーションしたかるたや、
宮澤賢治の小説や詩の一説の版画で表したかるたなど、
大人のための楽しみとしてのカルタもございます。

どうぞ、癒しの空間へお越しください。

軽井沢小さなカルタ館

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字山神前 地番191−4
(ハウス番号559−1)(聖パウロ教会通り)
電話:0267-41-1041(閉館時は神保町店03-3264-8031まで)



  開館時間:10:00〜17:00
定休日:火曜日

  入場料:無料
案内図:旧軽銀座通り裏手、聖パウロカトリック教会から徒歩1分

その他 | はてなブックマークに追加する はてなブックマーク - 今年も軽井沢小さなカルタ館が開館

▲このページの先頭へ